不定期俺日記ver.2

何というか適当に。



『昨今どうよ』

follow me on Twitter

  • --年--月--日スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2009年10月15日ビミョーに

  • 仕事中BGMにファミコン版WIZを使ってみたら、もの凄い勢いで古RPG熱炸裂。
    ええ、顔とか見えなくて良いです。ワイヤーフレームで良いです。8色だってオッケーですだよ。
    個人的には周囲の人達が昨今のRPGで、
    「いやあ、昨晩、二度も全滅しちゃって」
    というのを聞いて、
    「あー、死ぬと難度が高いんだ」
    とか、時代を感じることも思ったり(昔は死ぬとキャラがロストとかペナルティどころではなく、データが消えるゲームが平気であったりしたのですな。死んで生き返らせたら能力値下がるなんてマジでお慈悲にしか思えん。ライトプロテクトシールは友人ですよね→88時代)なので、何かまあ「画面と自分だけの静かな熱」みたいなのが欲しいところではあります。
    まあ、ドラゴンウォーズみたいに選択間違ったら街が根こそぎ消える(ストーリーで消えるのではなく、フツーに小イベントで消える)とか敵の名前に乞食とかでなくていいから。
    街がミスって消えるのはTTのPC版でもありましたな。ミッションとか拾えなくなるのですが、それもまた一興。
    しかし昨今としてはPSPエルミナージュかー。友人がDS版ハマってましたっけ。
    顔が描けるのかー。
    ダンマスやベコフォジ(WIZ6)のときは面倒なのでザクとかドムとかの顔を描いてファンタジーなんだかよくわからん世界をやってましたが、今の人達はどうなんでしょうか。どうでもいいけどイアイドーとヒッサーとダルーのテキトー具合と、小僧の周囲空間余り具合は今でも記憶に残っています。つうかSFC版ダンマスは凄く良く出来ているんですが、当時は「操作性が悪い」とか低評価で残念。PSのゲームなんかと比べるとボタン全部使っても余裕なんですが、時代ですなー。なお、SFC版はドットが全部描き直されていて凄く格好良くなっていて残念。
    というかSFC版ダンマスは凄く音楽も良かったんですが、おかげでモンスターの鳴き声とか足音に気付かなかったりでどーしたもんか。原作には当然BGMありませんが。
    有る意味、SFC版サイバリオンと同じで、いいアレンジなんだけど原作と合わなくなってしまう不思議という感じですな。(SFC版サイバリオンは、音楽を”このゲーム凄く好き!”なすぎやまこういち氏が担当して(つうかこの人本気で凄いよなー)えらい格好良い(オケ的)音楽になったのですが、原作のタイトーテクノな音楽でプレイしていた身からするともの凄い違和感という感じで。でもまあ、家庭用で初めて触れる人にはその方が正解なんだろうかなー、とか)
    ううむ。

    ともあれそんな感じで。
    んじゃまた明日ー。

     | HOME | 

    適当に

    最近どうよ?

    自画像

    川 上 ですよ

    川 上 ですよ



















    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。