不定期俺日記ver.2

何というか適当に。



『昨今どうよ』

follow me on Twitter

  • --年--月--日スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2009年05月10日とりあえず

  • バレットウイッチ(360)クリアー。
    トゥームレイダーレジェンド(360)クリアー。

    バレットはFPSルールのTPSのような気が。
    停止状態で近距離から攻撃受けると一瞬で死にますが、動いているとあまり食らわない=照準で狙うのではなく、照準の高さを敵の顔~腹あたりの高さに合わせて、後は自分を左右に蛇行させて敵を撃つと安全。
    一面をやり直し出来るので、(面クリア後にRETRYを選んでNEWGAMEすると育ったキャラで1面再開)マシンガン、キャノン、ガトリング、HP、MPを最強にしてしまうと後の面が異常に楽。
    敵のウオルナッツヘッドが街の瓦礫や車、バスやタンクローリーとか一気に吸い寄せてこちらに叩きつけてくる(即死攻撃)のを、柱などに隠れて文字通り「並が過ぎるのを待つ」のは、これ次世代機ならではですな。
    換え衣装とかいろいろありますが、キャラの視認しやすさで妖精装備では。

    トゥームレイダーはシリーズし切り直しということもあって、偉く出来が良いですコレ。
    3DアクションなのでZ軸ジャンプをかなり要求されるのですが、歩幅の調整やジャンプ後の補正が為されていて恐れなく跳ぶことが出来ます(開始からクリアまで踏切をミスって落ちたこと=行きすぎて落ちたとういうのがなかった)。試しにロープに対して体一つくらいズラして跳んでも、補正でロープを捉えてくれます。
    また、面白いのが、ジャンプ中、ジャンプ先に何があるかを計算しているらしく、先にロープがあればロープに手を伸ばしたモーションで跳躍します。これによって、感覚的に「次の瞬間にロープを手に取る」ことが解るため、次の行動を頭の中で組み立てやすかったり。
    他、鉄棒で回転して跳躍する際も、最適角度で跳躍ボタンを押さずとも「最適角度付近で押せば自動的に最適角度で跳ぶ。最適角度を通り過ぎたならば”反応しない”」となっており、ここらへんもアクション慣れしていない人に向けてのアプローチが出来ています。
    いうなれば、PSやPS2の時代にマニュアルだった部分がセミオートマになった感じ。
    こういう細かい部分の作り込みでプレイヤーのストレスを無くしていくのも、今のアクションゲームに要求されていることではないのかな、とか。

    今日から当分はBIOSHOCK、これが終わったらMASSEFFECTですな、後者の方は向こうで評判になってた頃から期待していたので、遂に来たかという感じです。
    ううむ。

    ともあれそんな感じで。
    んじゃまた明日ー。

     | HOME | 

    適当に

    最近どうよ?

    自画像

    川 上 ですよ

    川 上 ですよ



















    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。