不定期俺日記ver.2

何というか適当に。



『昨今どうよ』

follow me on Twitter

  • --年--月--日スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2009年02月14日coD2

  • 風邪が治ってきたらプレイ再開とはどこの猿ですか自分。
    というかベテランモード(難度的に超貧乳に該当)、既に500回は余裕で死んでる気がしますし、一カ所で数時間詰まって、
    「やめてやろうか……!!」
    と思うんですが、しばらくすると、
    「あ、こーすればいけるんじゃないかな」
    という思考が発生するあたり、良いゲームです。

    でも部隊がイギリス軍になったら「ファシスト! ファシスト!」が無くなって残念。
    しかし段々と英語が聞き分けられるように、
    「エネミーダ──ン!!」←敵はダンです(訳「敵倒したよ」)
    「ジャーマングレ──ド!!」←独逸グレートの訛り(訳「独逸の手榴弾です」)
    などなど、生きた英語に満ちております。ヒアリングしても次の瞬間死にますが。

    こうして難度高くてもプレイしつ続けているのは、間違いなくこのゲームは、
    「ゲームシステムに殺されない」
    ということが解っているからだと思います。
    自分、友軍がいて自分と一緒に進むFPSは、
    「手柄を横取りされる」
    「敵を呼び寄せてしまう」
    ことから否定的だったのですが、Cod2は、
    「それをしないと先に進むのが至難」
    というレベルのゲームバランスになっておりまして。面白いのは自分の方が照準などでいろいろな技を利かせられる(友軍は障害物から出てる相手の頭を狙わない。隙間を狙わない。窓に手榴弾をなかなか放り込まない=自分はそれが出来る)ため、仲間に壁になって貰って、その間に自分が仲間の苦手な敵を排除する。そして自分が前に出ると仲間が先行して、
    「いきなり湧いてくる敵を、仲間が超反応で倒してくれる」
    わけで。このいきなり湧く敵(”スポーン”と言います)は、位置を憶えていると対処出来るのですが、ベテランモードのように1、2発で死ぬ場合、仲間に頼った方が遙かに有利で。
    要するに、人間プレイヤーとして苦手な超反応を使用する箇所=苦手は仲間が対応。仲間が苦手な応用必要部分は自分が担当ということで。
    仲間が膠着してからが出番の頼れる男。
    絵的には出番来るまでアパムですが。
    いつの間にか仲間と自分の連携が組めてしまったりするのは面白いですな。
    ゆえに自分の位置どりや仲間の位置取りで攻略法が変わりますし、それは敵も同じ。敵も完全に同じ行動を取ることはないので、全体のプランは通じてもそのプランを通すための方法が変わる。そして面白いのは、プランが、
    「プレイヤーごとに立てられる」
    というところでしょうか。

    この「プレイヤーごとのプラン」を構築するのが体力のシステムで、RPGや普通のアクションゲームと違い、Cod2の体力は「時間回復制」をとっています。ノーマルだと大体五発分くらい。ベテランだと1~2発。
    そして回復も早い。五秒くらいで全回復します。
    ついでに言うと、このゲーム、姿勢が「立ち・腰落とし・伏せ」とあって、どれも移動可能なのですが、布施の状態になると水平の撃ち合いではほとんど被弾しません。
    ゆえに、
    「食らった→五秒伏せる」
    ということで、大体はしのげます(距離によっては伏せても当たるのでジリ貧になる)。
    この体力回復と伏せのシステムにより、フィールド内のプランが大きな幅が出るわけで。
    「あそこまで走ったら一発くらうだろうけど、物陰で回復すれば結果オーライ」
    「いやでもここでじっくり相手が頭出すの待とうか」
    「ちょっと前出て仲間を前に誘導したら逃げ戻るってのでもよくね?」
    とかいろいろ。
    立てたプランがガッチリとハマったときの、
    「──Get!!」
    みたいな感覚はマジに堪りませんな。
    この体力回復制はHALOもそうだったわけですが、リアル型ともいえるWW2タイプのFPSに組み込むというのは、かなり思い切ったものじゃないでしょうか。

    ただ、幾つか阿呆のような難所があるんですが、そこは完全にパターン化攻略ですね。
    「マトマタ襲撃」のラスト、高射砲を奪うところで、周囲の敵を倒しきる前に高射砲を使う流れになると高射砲が射撃されてミッションクリア不能になるのは、ベテランモードゆえの敵の強さで生じるものかもしれませんが、どーしたもんか的な。その面を最初からやり直すことになったので合計二時間くらいひっかかりました(高射砲のある基地に入る前のチェックポイントでセーブして、失敗したらリセット)。
    とはいえ、面をやり直した際、
    「あれ? スゲー難所だと思った箇所がすごくスムーズに行ける」
    というあたり、やっぱよく出来たゲームです。
    あと三面くらいですが、何とかクリア出来たらなあ、と。

    最大の問題は、ベテランモードでプレイしていると下のモードでプレイ出来なくなることでしょうか。
    プランの厳密性が、ヒーロープレイで結構崩れてしまうので。
    言い換えるなら、ノーマルあたりのモードは、自分を中心としたプラン作りが面白いんじゃないかと思います。どんどんアサルトするぞー的な。ヒルルト、ヨルルト、解る人いるんだろうか。

    てなとこで。
    んじゃまた明日ー。

     | HOME | 

    適当に

    最近どうよ?

    自画像

    川 上 ですよ

    川 上 ですよ



















    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。