不定期俺日記ver.2

何というか適当に。



『昨今どうよ』

follow me on Twitter

  • --年--月--日スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2008年09月15日dtmとか

  • MUSICMAKERでループによる作曲(編曲?)を行ったわけですが、もうちょっと突っ込んで見たいという方に自分的参考にした書籍とか。また、追加ツールとか。
    自分の場合、以下のものを組み込んだり読んでます。
    DTMがどういうものかを知ったり、作曲の基本知識を知る際の資料としてもどうぞ。

    一応、MM基準ですが、他のものでも流用は効くと思います。
    -----------------------------
    ●DAW本体
    どっかで買う。
    MMの場合、インストールの後、販売元サイトに登録してユーザーページから本体の「パッチ」と「素材修復パッチ」を当てる。
    あと、インストールは指定された通りCドライブ。変更しない。何故ならMMのアレンジセーブデータはループ素材などの位置を記録しているため、インストールドライブが違う環境同士のセーブデータの遣り取りが出来ない(後、修正あったかもしれませんが、念のため)。

    ●Sound PooL特別限定版jamバンドパック
    ttp://www.amazon.co.jp/dp/B0018APXCQ/
    ※ループ素材集。あるなしで大きく違います。
    MM用ですが、データ素材集であるため、MM以外のDAWでも使用できますので、持っていて損はないです。
    (ループシーケンサー機能があるDAWに限りますが)

    ●jamバンドwiki
    ttp://www13.atwiki.jp/jamband/
    MMのwiki
    済みまで読むと結構な情報が。
    MMは他のDAWよりもwikiが偉い充実しているため、その分でも恵まれてます。

    ----------------------
    以下、ループで満足できず、「自分で曲作ろう」と思った場合。

    ●裏口からの作曲入門―予備知識不要の作曲道
    http://www.amazon.co.jp/dp/4777512339
    「自分で曲作ろう」と思えたなら、内容は理解できる筈(……筈?)。
    初心者向きとして馬鹿げたくらいの名著だと思います。というかこれまで何冊も投げてきた自分がコレで理解できたという……。1451とか、コレの受け売り。
    「理論」を憶えるものなので、これを出だしにして、以下に行くと楽ですな。

    ●DTM MAGAZINE 2008年 05月号
    ttp://www.amazon.co.jp/dp/B001648LGE/
    MM使って曲を作るチュートリアル特集があります。
    体験版もついてきて、それを使用しているため、これからDTMについて初めて見るのもいいかも。
    要点を絞って書いてあるので、マニュアルとか見るより「迷わない」
    「裏口からの~」とこれがあれば充分かも。

    ●DTM MAGAZINE 2008年 07月号
    ttp://www.amazon.co.jp/dp/B0019ML34U/
    作曲実践特集。
    「裏口の~」の理論に対し、こちらは実際のコンソール上でどのようなもの(データの打ち方、など)を行っていくかの実例。
    「裏口~」(理論)+「DTM7月」(実例)→自分の場合のコンバート
    で理解が早いです。

    ●初めてのMusic Maker―音楽を創ろう Producer Edition (単行本)
    ttp://www.amazon.co.jp/dp/4861991471/
    本体マニュアルがかなり内容絞りすぎているため、マニュアル代わりとして必須とも言えるんですが、上記で間に合うなら不要です。
    これを最後に示したのは、
    ・作曲、その理論についてほとんど触れていない
    ・情報量が多い
    ため、つまり、
    ・作曲の理論とがある程度解っている
    ・今自分の作業に必要な情報が何であるか見当がつく
    人向けだと思っています。
    逆に言えば、そうではない人にとってはちょっと重いですな。
    最近のMMはこれとの同梱バージョンが出てますので、それが得かも。
    ----------------------
    ●tips
    ・「音が割れる」
    マシン性能にかなり左右されるところがあるので、ループとかを重ねまくると音が割れたりします。
    そういう場合は、「編集→オーディオミックスダウン」でデータをまとめてしまう。

    ・「細かく操作」
    左上のビートを1/4から1/8とかに変更。これはテンポが速くなるとかではなく、ループを伸縮する操作単位や、midiで置く音符の長短を示すものです。

    ・「テンポ?」
    中央下側、BPMがそれ。セットすると全体のテンポが変わる。
    :クラシック系=80前後
    :一般(ポップスとか)100~120前後
    :ダンス系=125前後
    :テクノ系=140前後
    同じ曲でもテンポ違いで全然違うので試してみると面白いです。
    -------------------------
    てーとこかなー……。
    今後、何か面白げなものが出来たらアップしようと思います。

    てなとこで。
    んじゃまた明日ー。

     | HOME | 

    適当に

    最近どうよ?

    自画像

    川 上 ですよ

    川 上 ですよ



















    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。