不定期俺日記ver.2

何というか適当に。



『昨今どうよ』

follow me on Twitter

  • --年--月--日スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2008年08月11日そういうわけで

  • ホライゾンの紹介ムービーのメイキング的な話。

    使用ツールは以下の感じです。
    ●ムービー部分基礎作製
    :FLASMAKER3
    =現MOTIONMAKER4
    http://www.e-frontier.co.jp/motionmaker/4/

    ●音楽部分作製
    :MUSICMAKER
    http://www.ah-soft.com/musicmaker/index.html

    ●FLASH→AVI変換
    :SWF>>AVI
    http://www.avi-swf-convert.com/default.asp
    ※説明はこちら
    http://www.gigafree.net/media/flashenc/swf2avi.html

    ●AVI、音楽統合
    :videostudio9
    =現videostudio12
    http://www.corel.com/servlet/Satellite/jp/jp/Product/1210622733304

    というのが大体のところです。
    ほとんどのソフトが学割版出ていたり、videostudioなんかは旧式の廉価版が出ているので、揃える、もしくは一つを手に入れるならば財布的にも安全だと思います。

    なお、今までにどんなもんを作ってきたかというと、
    ・FLASHMAKER
    :obstacleのプロトflash=http://detroit.vc/upload/swf/obpdemo.html

    ・musicmaker
    :今回のBGM

    ・videostudio
    :DWFなど

    この中で特に強力なのがFLASHMAKERで、機能的には高価なFLASH作製ソフトには及びませんが、製作の手軽さという意味では高価ソフトがハルバードならこっちはショートソードな感じ。
    オブスタのデモを観て頂くと解りますが、簡易な会話デモなら動き付きで作ることが可能です。
    左のカテゴリ”自作”の中で操作など解説していますので、そちら参照。
    これをベースに、
    「画面上のものを動かす」
    という概念に親しんでおくと、他のツールなどを扱うのが楽になると思います。

    そしてMUSICMAKERですが、これはループシーケンサー主体の作曲ソフトで、基本はループ素材という”数小節の音楽素材(ドラム、ギター、シンセなどなど)をタイムラインに貼り付けていくことで曲を作っていく(どっちかって言うと編曲)というツール。
    更にはその機能を利用した”自動作曲”という機能もあります。

    videostudioはこのタイプのソフトの定番品ですが、画面の効果や絵や文字を重ねることが出来るため、DWFのようなものがこれ一本で作れます(絵とかを作る必要はある)。
    あれ、キャラの顔重ねたり文字書いたりは、videostudioの基本機能なのですだよ。

    これらを今回、統合して作ってみた、という感じですな。
    基本は、

    ●グラフィックの素材作製

    ●作曲

    ●曲に合わせて素材を動かすFLASH作製

    ●FLASHをムービー(AVI)変換(ここで音が削除される)

    ●ムービーに音入れ直し+動画形式変換

    という流れ。
    とりあえず明日からは、趣味でこういうのを作る際の手順とか解説という感じで。
    んじゃまた明日ー。

     | HOME | 

    適当に

    最近どうよ?

    自画像

    川 上 ですよ

    川 上 ですよ



















    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。