不定期俺日記ver.2

何というか適当に。



『昨今どうよ』

follow me on Twitter

  • --年--月--日スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2008年04月29日そしてまた

  • iwd2010.jpg
    IWD2日記という感じでMAGE。
    DDではいつもスペシャリストウィザード(専門カテゴリと使えないカテゴリを持つウィザード。術使用数が多い)よりもノーマルウィザードを使用してます。
    理由は簡単で、ゲームというのはやはり融通が利かない部分があるため、魔法とか、説明書で見て使えそうでも、ゲームの実際では使えなかったり、前作からゲーム的効果が弱体化していることもあるわけで。当たったらOKですが、外れたときの感覚は食らいたくないなあ、と。
    なお、D&Dの最強職業は最終的に見てウィザードなのかな、とも思ったりですが、そこらへん、どんなもんなんでしょうか。

    :STR10=0:
    後衛として飛び道具を使用するので、マイナスは避けたいという感じで。

    :DEX18+4:
    術の詠唱の高速化+飛び道具の命中率。

    :CON18+4:
    やはりHPが大事。ウィザード系は注意しておかないとHP30行くのも大変だったりしますから。

    :INT18+4:
    職業的にコレは必須。

    :WIS6-2:
    職業的に必要ない、という感じですが、段々慣れて開き直ってきた気もします。
    でも鑑定の多くはINTなんですよね。知識じゃなくて知恵で鑑定するんかな。それは捏造というか(略。

    :CHR6-2:
    開き直りというか、後衛なので交渉も行わないと言う判断。

    しかしほとんどのキャラがINTとCHR低いというのは能力占い的に最悪ですな。頭悪くて愛想悪いのかこれは。
    というか、未だにパラディンの「CHRボーナスが各判定に関わる」というのが不思議というか。
    それはつまり、
    「愛想が良ければ回避能力が上がる」
    「愛想が良ければ命中率が上がる」
    って怖えよこの人。どんな顔して戦闘してんだろうか。
    いや、CHR=神への献身を示す洗脳数値として考えると神もいい感じにサービスしてやるかな話だと思うんですが。
    ううむ。

    ともあれそんな感じで。
    んじゃまた明日ー。

     | HOME | 

    適当に

    最近どうよ?

    自画像

    川 上 ですよ

    川 上 ですよ



















    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。