不定期俺日記ver.2

何というか適当に。



『昨今どうよ』

follow me on Twitter

  • --年--月--日スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2006年03月15日続き

  • というわけで作成例の作業続行と行こうと思ったんですが、肝心なことを一つ失念。
    それは、
    「透過素材」
    を作る方法を構築しておくこと。
    透過素材ってのは何かというと、ken06.jpg
    まあこういうものであるのことよ。
    つまり、PC上では画いうたら四角の形状内に収まるしかないわけですが、そうだとすると、
    「書いていない部分を透明にするにはどうするか」
    な話が必要になる、と。
    上の画像だと、重なってる部分、描いてない場所がちゃんとヌケてますな。フツーの場合、こうはならない。
    これは何も描いていない部分に、データとしての透過色が設定されてるわけです。

    gifの場合は検索掛けるなりすればやり方出ると思うので、今回は自分用ということでフォトショ使用のpng透過色設定を一つ。

    まあ、こういう画像↓を出します。背景は透明です。
    ken08.jpg
    そしたら、以下の手順を踏む。

    ●表示部分を結合

    ●画のレイヤーを複製

    ●複製レイヤーの表示部分を保護

    ●画の部分を純黒で塗りつぶす

    ●チャンネルで選択範囲

    ●レイヤーマスクの作成(アルファチャンネルの作成)

    ●選択範囲に従い、アルファチャンネル上に置ける、画がある部分を消去

    ●複製レイヤーを消去

    ●チャンネルでRGB表示

    ●チャンネルでアルファチャンネル(マスク)を不可視状態にする

    ●レイヤーに戻る

    ●画像の統合
    ※これちょっと記憶で書いてるので、間違ったら後々訂正します。うろおぼえですまんす。

    とすると、以下のように白背景の一枚画が出来る、と。
    ken09.jpg
    単に白背景に見えるけど、チャンネルに行ってアルファチャンネルを表示して、レイヤーに戻ると、赤い背景になってるはず。

    んじゃ表示、
    ken11.jpg
    おお、ヌケてるヌケてる。

    要は、アルファチャンネルでマスク(隠す板、と考えるべきか)を作り、マスクからキャラ部分を抜いて、すかしたいところにアルファチャンネルを残したまま隠して統合→保存。
    この方法は、
    ・アルファチャンネル
    ・アンチエイリアス含みの範囲指定
    ・PNG保存
    が出来るタイプのグラフィックツールでないと出来ないかと思います。
    専門的なことはよくわからないので、他方法あったり、考え違いもあるのかと思いますが、とりあえず自分はこんな感じでやってますということで。
    ツールによってもいろいろあると思うので、必要だと思った方は各自調べてみてください。

    んで、
    「こんなん作り方わからねえー」
    という人は、
    「四角い素材を作ればいい」
    のだと思います。
    ぶっちゃけ、先日のデモで、
    「カード風の表示」
    をやってますが、アレ、ヌキが出来なかったときのために作ったものです。
    あの形状だったら、透過色設定が無くても大丈夫。
    他にもたとえば、
    「顔グラフィックウインドウ」
    などを作ってしまえば、やはり透過色設定なしでいろいろ出来ます。
    ここらへん、工夫と納得次第だと思うので、考えた方が勝ちかと。

    んじゃ明日から作例というか練習入ります。

     | HOME | 

    適当に

    最近どうよ?

    自画像

    川 上 ですよ

    川 上 ですよ



















    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。