不定期俺日記ver.2

何というか適当に。



『昨今どうよ』

follow me on Twitter

  • --年--月--日スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2006年03月10日買ったソフトは

  • flash作成ソフトとしては初心者向きとされるflashmaker3です。
    http://www.ifour.co.jp/product/flashmaker3/
    どんなくらいの初心者向きかというと、
    1:「サンプル素材を使って作ってもオッケーな人」
    2:「hpビルダーなどで、とりあえず自分のサイトが作れる人」
    という、そんなあたり。

    1に関しては、オリジナルの素材も使用できるのですが、
    「gif、pngの透過色についての説明が一切無い(見落としていたら申し訳ない)」
    ということで、ヌキのある素材を使用とするには(つーか動きのあるモノを作ろうとしたら大体必須ですな)前提としてそこらへんの知識が必要になります。
    だから、逆に言えば、1のような人を対象にしている、と。
    2に関しては、個人的な操作感が映像編集系のソフトをいじっていると言うよりも、ボタンによるタグ打ちをやっている感覚が近い感がありまして。
    実は、並行してmacromediaのflash8なんかも体験版をいじっているのですが、こちらはどちらかというとタイムラインやスクリプト部分を扱っている時間が多いのに対し、FM3はスクリプトをボタン打ちするためにそれが薄いのかなあ、とか。専門的な人からするとまた見方が違うのでしょうが素人判断として。

    ともあれわしがいきなり作れたくらいだから、初心者向きなのだと思います。

    ※余談
    flashは映像編集とも言えることをするわけですが、逆に言うと、
    「映像編集ソフトを使ったことがあれば、共通する概念がある」
    ともいえます。
    たとえば↓これはFM3でのシーン編集画面ですが、
    fm01.jpg

    こちら、以前にプロレス動画作ったulead社のvideostudio9+でも、
    http://www.ulead.co.jp/product/videostudioplus/
    似たような画面構成になっているのが解ると思います。
    絵を描くソフトなんかもそうですが、
    「同じものをつくるソフト群は、同種操作系になる」
    わけで。
    そして動画編集が「動きのある動画群を、一つに編集する」のに対し、flashは、「絵などに動きをつけて動画化し、更にその動画群を、一つに編集する」というわけで、flashの方が動画編集よりも一つ事前作業が多い、というのが個人的な感です。
    もし興味を持たれた方がおられた場合、flashに関してはいきなりとりかかるのではなく、
    「動画作成・動画管理・編集」
    というステップがあるのだと考えると、何をしていいか解らなくなる、というのが少しは緩和できるかもしれません。
    自分としては、動画編集のvideostudioに触れていたおかげで、FM3はあまり違和感なく使えました。
    おそらく多くの人が触れる近似ソフトは、たとえばブログの書き込みツールや、hpビルダーだと思います。
    flash作成とは、
    「そういう操作をして作ったものを、ページに割り当てて管理し、最後にそのページを束ねて一つのものにする」
    というもの言いが、そこそこアタリというところでしょーか……。

    そしてFM3がいかに初心者向きかはこれからたびたび説明していくことになると思うのですが、その一方で名ツールflash8(八万くらいする)とその機能縮小版であるbasic8(二万五千くらいする)の方は、一気に本格化していてすげえなあ、と。とにかく操作による手の入れられ方が尋常じゃないです……。flash職人って凄いー……。
    そう思う一方で、FM3と8の中間あたりが無いものかしらんとも思うのですが無理か。

    んでまあ、flashいうたらflash8とかがメジャーなわけですが、では初心者向け言うFM3でどんな感じのものが出来るのかな、と。

    なお、flashを始めた個人的な理由は、
    1・「企画用のデモが作れる」
    2・「ちょっとした昔ゲーセンopが作れる(笑」
    3・「簡易なプログラム言語の代用」
    といったところです。
    特に1が重要で、仕事で企画書など作っていると、
    「この俺の脳内の面白さを正確に伝えるにはどうするか!? 脳か!? 脳移植か!? チューブ持ってこいチューブと空気入れ!!」
    みたいな気分になるのですが、
    「重要部分だけでも実際表現できたらなあ」
    とか思うわけです。
    書類見せても”読む”のは労力なのに対して(だから読まずとも頭に入るようなメソッドが生まれる)、実際に触れさせれば読ませる必要すらないんじゃないか、みたいな。
    それが出来るかどうかの試案で、実のところ、
    「それが出来るなら、高度なツールは必要ない」
    ともいえます。FM3である程度が表現できるなら、8とかの多機能は逆に宝の持ち腐れになる、と。
    そこらへんも含めてのFM3研究だったりします。

    なお、同価格帯(10000~15000円前後:ただ、FM3の実売価格は11000円あたりで、学生さんだともっと安く買えるバージョンがあります。マニュアルは簡易説明なので「解る本」があると安心感が得られはしますな。んで、その本がパックになったものもあるのですが、本が実売2000円なので、無いバージョンと割引率とかいろいろ見てみるのも吉かと)で他商品なども見たのですが、アニメーション効果が少なかったりしたので候補からは外しました。
    特にFM3のノースクリプトがどういうものか、という興味もあったりで。

    そこらへん含めて、ちょっといろいろ試していったりしようと思います。
    学生さん、そろそろ春休みだし(もう入った?)、ちょっとこーいうのに手を出してみる人もいそうな時期ではあるので。

    あ、あと友人から言われたのですが、昨日のflashは、
    http://ramiltass.homeip.net/www/upload/swf/kaiwa.swf
    というところで。

     | HOME | 

    適当に

    最近どうよ?

    自画像

    川 上 ですよ

    川 上 ですよ



















    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。