不定期俺日記ver.2

何というか適当に。



『昨今どうよ』

follow me on Twitter

  • --年--月--日スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2007年06月08日ぬああ

  • チャリンコのパーツについて調べていたら三時過ぎー。
    今日はゲームもしてないアルよ。

    ともあれEU2ということで、今回からは攻略というか、プレイスタイルの一例を。

    ●開発投資は陸軍・インフラ・安定度
    1:前提として、戦時中などの金が必要な時期でないならば、国庫にはインフレ+0の金額しか送らないようにしてスライダを固定する。
    あとは残金をどう使うか、ということ。

    2:基本的に、残りの金額は全部を一極集中する。
    分割払いよりも一極集中の方がいいというのは、レベルが勝負を決める部分が多々あるので、まんべんなく上昇させるよりも、今の国にとって必要なもののレベルを上げた方がいい(と思う)。

    3:安定度優先
    まずは安定度を上昇して+3にすることを優先とする。これは常に。
    よって如何なる時でも、安定度が2以下だったら安定度に全部。

    4:陸軍を第二優先
    これは戦争国家として国を運営する場合だが、まずは陸軍レベルを上げ、隣国よりもCRTが1レベルは高い状態で保ちたい。
    CPUは幾つもの投資を同時に行う嗜好があるため、陸軍一極集中でレベルを上げれば、短時間の内に他国よりも強力な陸軍が持てる。
    CRTが2レベル違うと敵は紙と同じになるので、戦争=勝利の図式が作りやすく、国土拡大の計算が立てやすくなる、と。
    海軍レベルは自国の領土を安定してからでも充分。

    5:インフラを第三優先
    3と4を行いつつ、インフラを知事派遣可能レベルまで上げる。
    知事の派遣のみがインフレを低下出来るため。

    ●私掠船
    私掠船は、自国の船も襲うので扱いにくいが、海洋国家の封じ込めにはかなり使えるものだったりもする、と。
    スペイン、ポルトガル、イングランド、オランダなどは、主要港の海域に私掠船を継続的に置くことで、新しい土地の発見が遅れる他、その国土拡大を止めることが出来る。
    また、私掠船であっても五隻以上ならば港を封鎖出来る=その州の能力を制限出来る。

    とまあ、続きますが今日はコレにてー。

     | HOME | 

    適当に

    最近どうよ?

    自画像

    川 上 ですよ

    川 上 ですよ



















    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。