不定期俺日記ver.2

何というか適当に。



『昨今どうよ』

follow me on Twitter

  • --年--月--日スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2007年01月11日メディーバル日記

  • 日記のタイトルが凄く自己肯定に見える昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか。

    とりあえずまあ、キャンペーンは結構進んでます。
    md06011101.jpg
    つーか和むー。
    臣民ども有り難う御座います。

    キャンペーンが進むに連れ、いろいろと技術関係のロックが解除されたので、町並みもかなり鮮やかになってきました。
    md06011102.jpg
    つうか中世じゃないよソレ!!

    でまあ、最近の街の作り方はこんな感じ。
    md06011103.jpg
    実はコレ、最初に壁を作っています。
    壁で囲みを作り、その中に主道を敷いて、家を置くという形で。
    更に言うと、内部に建てているのは、
    ・家
    ・小型の宗教施設
    ・キープ
    ・防衛用兵器
    のみで、他の補助となる建造物は井戸から何から全部外置きです。
    これをする理由は、
    「壁に囲まれた区域は安全度が異常に上がる」
    というのが第一にあります。開発でネックになるのがこの安全度なのですが、いずれは壁で囲む必要が出てくるわけでして。
    しかし、街の周囲には畑があり、周囲建造物などもありますから、あとから壁で囲もうとすると、そこらへん整理しなおさないといけないのですな。
    だから先に囲ってしまう。
    そうすることによって、幾つかの利点が出ます。第一は、
    1・街の成長速度を止めずに済む。
    これが大きい。壁で囲むことで安全度の上昇は保証されますし、なにより後に壁問題で足止めが一切無い。
    その次の利点は、
    2・補助建造物の置き位置に迷わない
    これは人に寄るとも思いますが、始めから家の並ぶ面積がハッキリしているため、たとえば円範囲に効果を及ぼす施設などをおくとき、どこが一番面積を当てれるかを導き出しやすい。
    3・家を密集できる
    2とも繋がるのですが、街の外に補助建造物を置くと言うことは、街には家ばかりを詰め込むことになります。
    本来ならば補助建造物によって隙間が生まれるところが、全部家になるため、
    :区画を最初から管理しやすい
    :補助建造物の効果を密集して受けることが出来る(補助建造物量が少なくて済む)
    :トータルとして面積あたりの人口比率が高くなる
    という利点が生まれます。

    実際、中世でこんな町作りはまず出来なかった筈です。基本は町の発展や地形に合わせて外壁を作り、補強していったわけですし、公共物は人々のそばにあるからこそ人々の支持を得られるわけでもありますし。
    その意味ではゲーム的な計画都市になっています。

    だからまあ、この街。
    md06011104.jpg
    中にはいるとこの有様。
    うわ、風通しどころか日照悪いー!
    しかも中にあるのが民家と小型の宗教物だけなのでもの凄く印象悪いです。緑とか水とかありゃしねえー。
    この街の住人、外出てはたけ耕してるときが息抜きだろうなー。
    ってか、
    md06011105.jpg
    何その宗教像!?
    わしそんなの発注してないですよ!?

    ともあれまあ、こんな感じでいろいろやっております。
    今夜はこれからサクソン人を滅ぼすぞー。
    md06011106.jpg
    三千人の騎馬軍団ー!!
    よつばちょっと作りすぎた!!

    いやホント、いい感じにハマってます。
    この面クリアしたら残り二面かあ。

    ともあれそんなところで。
    んじゃまた明日ー。

     | HOME | 

    適当に

    最近どうよ?

    自画像

    川 上 ですよ

    川 上 ですよ



















    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。