不定期俺日記ver.2

何というか適当に。



『昨今どうよ』

follow me on Twitter

  • --年--月--日スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2006年12月21日つーわけでさ

  • sayama.gif「そういうわけでファルクラムが完成したよ新庄君」
    sin01.gif「ああハイハイよかったね。ボクとしてはたまごヒコーキとかの方が可愛いから良かったんだけどなあ」
    sayama.gif「はははハセガワには是非とも再販+新作をお願いしたいところだが一体いつの生まれかね新庄君」
    sin01.gif「ハイハイ、まあどーでもいいから作ったファルクラム見せてよ。海外、イタレリのキットなんだよね?」
    sayama.gif「ああそうだとも、イタリア製、つまりイタキットなわけだがね」
    ful06121803.jpg
    sin02.gif「…………」
    sin02.gif「…………」
    sayama.gif「どうかね新庄君モデル。もしくは私専用ファルクラム。まだこの時点では垂直尾翼を固定していないが、レタッチなど入れて仕上げた後は独逸UCATあたりに頼んで一機仕上げて貰うためのプレゼンにどうだろう」
    sin02.gif「……イタ飛行機出たあ──!!
    hio.gifイヤ──ン! イタ公パスタぁ──!!(←?)」
    sayama.gif「はははイタリアでイタレリなのだから正にイタれり尽くせりイタくて上等というものだ。むしろこの発想になるのは自然すなわちナチュラル。なお、各面から見ると──」
    ful06121804.jpg
    ful06121805.jpg
    ful06121806.jpg
    ful06121807.jpg
    ful06121808.jpg
    ful06121810.jpg
    ful06121809.jpg
    sayama.gif「どうかね? この空間の美しさなどマッハ無視して凌駕する新庄君の可愛らしさ満点印の機体。クリスマス商戦にジャストフィット」
    sin02.gif「お、墜ちろ! 墜ちてしまえ!!
    sayama.gif「そんなことをしたらパイロットが可哀想ではないかね。──私が
    kaza.gif「……つーか墜ちたらこれが街に刺さったりするわけだけど、それでいいの?」
    sin01.gif「うわあソレ凄い迷惑……」
    blun.gif「……しかし、どうでもいいけど禍々しいわね」
    sin02.gif「い、言いおった! 魔女が禍々しいとか言いおったァ──!!」
    sayama.gif「ははは、新庄君も盛り上がってきているようなのでもう少し別アングルからも見よう」
    ful06121811.jpg
    ful06121812.jpg
    ful06121813.jpg
    kaza.gif「しかし……」
    kaza.gifリアル機体にガンダムデカール貼る馬鹿がどこにおる……
    sin02.gif「ツッコむところそこ!? 面積的に大きくて逆に気づかれてない!?」
    blun.gif「まあどうでもいいから、新庄画の素材を教えなさい。デカール?」
    sayama.gif「いや、デカールの自作は結構費用がかかるのと準備がいるので、こういう物を使用した」
    ful06121816.jpg
    mikage.gif「手ブレが……」
    hio.gif「キャー! いいデジカメ使っておいて撮るのヘタ過ぎですの──!!」
    dia02.gif「…………」
    hio.gif「すいません、ヒオ、今かなり素直過ぎましたの……」
    sayama.gif「ともあれ商品はドライデカール(インレタ)とデカールの合成のようなものでね。

    http://www.a-one.co.jp/cgi-bin/catalogue/product.cgi?prcd=51112&viewf=1

    sayama.gif「ちょっと大きめのPC取扱店の印刷ラベルコーナーで売っているだろう。使い方としては、

    1:インクを弾く下紙に印刷。
    2:インクが紙の上に浮いて乾くまで待つ。
    3:2の上に、糊シート(スクリーントーンの糊部分を乗せたクリアシート)を貼る。
    4:下紙に、糊シートをこすって押しつける。
    5:糊シートのクリアシートを剥がす。

    この段階で、つまりインクを弾いた下紙の上に、インクを吸った糊部分が残ることになる。
    つまり、ちょっと切り取ってしまっているが、こんな感じだ↓」
    ful06121817.jpg
    blun.gifkaza.gifhio.gifmikage.gifdia02.gifneko.gif「……嫌な光景だ……」
    sin02.gif「その通りだけど釈然としない──!!」
    mikage.gif「でもこれ、鏡面印刷……」
    sayama.gif「そう。インクを乗せた下紙に糊の面を押しつけるということは、今見えている面に糊が着いている=今見ている面を下にして押しつける必要があるということだ。
    ゆえに印刷は左右反転したものを用い、貼るときは切り取った下紙の裏を見て狙い場所に押しつけることになる。
    やってみるとこう↓なる」
    ful06121814.jpg
    sayama.gif「下紙が分厚く、透けることはないのだが、糊が強力で”載せただけで動かなくなる”レベルだ。ゆえに、位置関係はかなり厳密に設定していかなければならない。ただ、載せてしまえば、曲面でもかなり張り付いてくれるのでその後のミスはない。
    また、この台紙は水を吸うので、デカールと同じように水を含ませることで糊部分と分離する。
    だから押しつけた後、筆で水を吸わせると」
    ful06121815.jpgsayama.gif「結構大面積の物でも、十秒くらいでずるりと行く。
    貼る際にガイドとなるスジ彫りなどを見つけて置くと楽だね。
    なお、貼られるのは糊そのものなので、厚さはほとんどない。実際のデカールクラスだろう。
    ただ、染料インクであるため、白が出せない。
    白の部分は透明になるという理解が必要だろう」
    kaza.gif「でもコレ、どのくらい耐久度があるわけ?」
    sayama.gif「別のプラ板に貼って、スーパークリアのつや消しを三度吹いてみたが塗料が侵されるということはなかったね。だから今回も機体に貼って艶消しを吹いてみたが、色落ちや溶けるということがなかった。
    意外と強い素材を使用しているのだと思われる」
    sin01.gif「……で、コレ、どーするの?」
    sayama.gif「ははは、新庄君の良さを世界中に広めるために世界各国を低空飛行でぎゅんぎゅん言わして見せつけるに決まっているではないかね」
    sin02.gif「……プレゼンじゃなかったのかよ!!
    blun.gifkaza.gifhio.gifmikage.gifdia02.gifneko.gif「……思いついた時点で決定事項な気が……」
    sin02.gif「うわあ心に収めていた言葉を言いおったァ──!!
    natu.gif「はい、そんなわけで今日の”できるかね?”は、スケールキットをイタ仕様にしてみましょう、でした。君もやってみます? おっもしろいですよ? 私はやりませんが
    neko.gif「……いつから教育番組に……」

    まあそんなもんだよ。
    んじゃまた明日ー。

     | HOME | 

    適当に

    最近どうよ?

    自画像

    川 上 ですよ

    川 上 ですよ



















    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。