不定期俺日記ver.2

何というか適当に。



『昨今どうよ』

follow me on Twitter

  • --年--月--日スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2006年08月18日ツー感じで

  • shu.gif
    ○主人公
    最強天然フリーター。というかよく考えたらずっと無職。
    で、主人公の名前ですが、実は全く考えてなかったというか、プレイヤーが変更できるためにテキスト打っている最中も”主人公”で通していました。だから「名前は?」と開発側から聞かれたとき、
    「え? プレイヤー決定じゃないの?」
    みたいな状況で。
    「じゃあ男は”主人・公”(かずひと・こう)で、女は”主人・公”(かずひと・きみ)で」
    とか本気で言ったら無視されました。人生キビシアルネー。なもんで、シナリオ打ち終えた後に、男女共用出来るような名前で”ヒビキ”と命名。神器の共鳴に掛けた意味も持っていました。主人公が共鳴を紡いでいくような。だから当初はヒビキで男女同ネームだったんですな。
    ただ、「女性主人公は名前が違った方が良い」という指示が来て、開発側でミノリの名前がつけられました。なので、ミノリの方はちょっと理由聞かれても解らなかったりします。
    で、基本はヒビキがボケ倒しのダル系で、ミノリがツッコミのアッパー系。
    SRPGでは男が正義漢で女性は姫的キャラというのが定番と言われたのですが、別に正義の話じゃないし、姫はティエンがいるしなー、とか。
    そしてシナリオの「感覚」からすると、男性がアッパーで女性がおとなしめだと、ただでさえ男性は強い系のイメージなのにアッパーづくしで、女性側はおとなしめ過ぎる傾向になり、シナリオイメージが変わってしまうのではないかな、と。なもんで、強めになりやすい男性キャラをダル系にして、おとなしめになりやすい女性側をアッパーにすることで両者のシナリオが与えるイメージのバランスをとりました。
    ヒビキもミノリも、キャラは違いますが、他キャラに対する接し方ではバランス的にほぼ同じ接し方になっていると思います。ここら辺、差がないととるか、男女シナリオともに展開に不公平がないと見るかはプレイヤーの判断だと思います。
    男女で大きく差が出るとしたら、シナオの説明が女性シナリオ側には必要だということでしょーか。
    で、元々、二人とも実はかなり喋るキャラでした。ボケるわツッコむわというか、たとえば最初のフジヨシと会った時点で、ティエンとフジヨシを見比べ、フジヨシに対し、
    主:「……アンタの方が見た目怪しいから敵だ!!」
    フ:「し、失敬な! 私のどこが怪しいと!」
    主・テ:「鏡見ろよ!!」
    とか、そんなことやってたのですな。
    ただ「主人公の個性が強いとプレイヤーが感情移入しにくい=主人公というより、他キャラと同じような位置づけに見えてしまう」という意見(そりゃフツー、プレイヤーはボケたりツッコんだりせんですな)から、台詞を落として今の形となっています。

    キャラの性能的に見ると、えらく優秀な無職で攻撃系です。
    攻撃力は上がる上に命中率が高く、移動力も並はあるので、どんな敵にもぶつかっていけます。対忍者戦で、術無しのままガツガツぶつかっていけるのは主人公が筆頭じゃないでしょうか。
    逆に言うと、アップグレードするべき能力が無い(笑。
    いやホント、攻撃力とコンボ数だけ上げるだけというか、手間が掛からないですな。MPも高いのでコンボ連発できますし。
    ただ、ちょっとクセがあるとしたら、応援で術強化が出来る点でしょうかというか範囲術だと半端ねえ効果になるんですが、あの応援。
    プレイした方々の中では、マサヒメと主人公を同時出撃させて衛星レーザーを強化していた人がおられると思います。
    ここらへん、個人的に主人公がマサヒメのフォロー役というか、そんなイメージなのかなあ、とか。主人公の補佐を得るためにトコトコついてくるマサヒメの絵が浮かびます。
    別にジュリーに応援してもいいんですが(笑。

    ちなみに、パーティ内では中間管理職というか、全体の接着剤的な役割になっていて結構気遣い状態っぽく、そのためもあってか、シナオあたりにはそこらへん無しにフツーに対応できる気楽さを得ているようです(ようですって、自分が書いたんですが)。
    相手の身分や年齢関係無しに、常に態度が変わらないというか、
    「何かものすげえ悟った主人公」
    とか、そんなことを開発中は言われてました。
    ただ恐ろしいのは誰もが共感してくれると思いますが、あの勝ち台詞。
    「ハイ、皆お疲れー」
    という爽やか声が炸裂するわけですが、因縁の対決だろうが感動の果たし合いだろうがお互いの立場を汲み取った避けられぬ戦いだろうが、倒した相手が、
    「決着を、有り難う御座いました……」
    みたいなこと言っても、
    「ハイ、皆お疲れー」
    で済ます主人公は、実はすげえ大人物か馬鹿かどっちかだと思います。

     | HOME | 

    適当に

    最近どうよ?

    自画像

    川 上 ですよ

    川 上 ですよ



















    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。