不定期俺日記ver.2

何というか適当に。



『昨今どうよ』

follow me on Twitter

  • --年--月--日スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2009年07月08日とりあえず

  • オブリビオン。
    最終クエスト前まで来たようなので、とりあえず一息。
    あと、結構な高評価を得ていた「007慰めの報酬」(360)もクリアしました。

    http://www.square-enix.co.jp/007qos/

    360ユーザーには、
    「カバーアクション+ステルス」
    と言うと解りやすいでしょうか。
    COD4システムを使用だそうですが、そちらはプルウェイしていないので。
    つまりまあ、ステルスで行けるところは行って、見つかったり、向こうが待ちかまえていたらカバー中心の銃撃戦という感じで。
    非常に丁寧に作ってあるのと「押せ押せ」な進行がいい感じだったもので、二日くらいでクリアしてしまいましたが、密度が偉い濃かったので丁度いいくらい。
    少しグラフィックが荒いのですが、プレイ感覚に不備がないので問題なし。
    というかテロリストはどうして隠れ家にそんなに爆発物やシャンデリアとか置いたり吊したりしてますか。全くもって誘爆や落下攻撃とかしたくなるというか、ホントにそれがガツガツ当たるから面白いですなコレ。
    あと、ボンドさんの必殺技は、ステルス状態で敵に近づいてアタックかけると一撃で殺せるナンタラダウン(名前忘れた。テイクダウンだったかしらん)なんですが、コレが結構楽に決まって、しかも無音で気付かれないため、
    「二人前後に並んでいる敵の、後ろのヤツを一撃で倒しても前の野郎が気付かない」
    という瞬殺無音振り。アンタ戯れの出来ぬ男だ絶対。ちゅぱっちゅぱっ。
    でまあ、このナンタラダウン(いいのか)でステルス出来るところまで敵を倒しまくっていくのですが、状況によって敵の倒し方が違って結構面白いです。でも、
    「アンタ隠密行動なのにバルコニーの敵を下に叩き落とす
    のは大丈夫なのかアレ。

    正直、一面はカバーアクションのみで「どうなんだろ」と思いましたが、どうもチュートリアル的な扱いだったらしく、以後の面からの進行が非常に軽快。足枷にならない程度の謎解きもですが、ステルスが見つかると敵がドバっと出るのですが、
    「わざと見つかってカバーアクションでSATSUGAI」
    とかやり始めるとどっちがテロリストなのかよく解らなくなります。
    ともあれコレ、いろいろな人に勧められそうな良いゲームですな。
    ううむ。

    てなとこで。
    んじゃまた明日ー。
    スポンサーサイト

  • 2009年05月14日オブリ

  • 隣町まで歩きで行くかと思ったら十分掛かった。
    三分くらい歩いたところで地図見たら、
    「あれ? 何かまだ凄く距離ね!?」
    と思ったんですが、
    「まあここまで歩いたら全部歩くか」
    という流れでつまり”さっきの駅で電車に乗っておけば良かった”状態というかマジ広えー。
    んで、遠くの町の方の山上から元の都市を見るとこれがちゃんと見えていたりして結構嬉しい。

    なお、自キャラですが、当然のように実名プレイで、更にはキャラの顔もポリゴーン出来るので、
    obl01.jpg
    こんな感じ。結構いい線行ったと思う。
    あ、ファンタジーなので美形にしてあります。
    つーかハゲにしたかったんですが、髪が絶対くっついてくるのがどうしたもんか。
    周囲の人々と顔の大きさが全く違うので、そこらへん微妙に味わい深いです。
    なお、遠間から見ると、
    obl02.jpg
    お? やる気ありそうですなコレ。

    ともあれそんな感じで。
    んじゃまた明日ー。

  • 2009年05月10日とりあえず

  • バレットウイッチ(360)クリアー。
    トゥームレイダーレジェンド(360)クリアー。

    バレットはFPSルールのTPSのような気が。
    停止状態で近距離から攻撃受けると一瞬で死にますが、動いているとあまり食らわない=照準で狙うのではなく、照準の高さを敵の顔~腹あたりの高さに合わせて、後は自分を左右に蛇行させて敵を撃つと安全。
    一面をやり直し出来るので、(面クリア後にRETRYを選んでNEWGAMEすると育ったキャラで1面再開)マシンガン、キャノン、ガトリング、HP、MPを最強にしてしまうと後の面が異常に楽。
    敵のウオルナッツヘッドが街の瓦礫や車、バスやタンクローリーとか一気に吸い寄せてこちらに叩きつけてくる(即死攻撃)のを、柱などに隠れて文字通り「並が過ぎるのを待つ」のは、これ次世代機ならではですな。
    換え衣装とかいろいろありますが、キャラの視認しやすさで妖精装備では。

    トゥームレイダーはシリーズし切り直しということもあって、偉く出来が良いですコレ。
    3DアクションなのでZ軸ジャンプをかなり要求されるのですが、歩幅の調整やジャンプ後の補正が為されていて恐れなく跳ぶことが出来ます(開始からクリアまで踏切をミスって落ちたこと=行きすぎて落ちたとういうのがなかった)。試しにロープに対して体一つくらいズラして跳んでも、補正でロープを捉えてくれます。
    また、面白いのが、ジャンプ中、ジャンプ先に何があるかを計算しているらしく、先にロープがあればロープに手を伸ばしたモーションで跳躍します。これによって、感覚的に「次の瞬間にロープを手に取る」ことが解るため、次の行動を頭の中で組み立てやすかったり。
    他、鉄棒で回転して跳躍する際も、最適角度で跳躍ボタンを押さずとも「最適角度付近で押せば自動的に最適角度で跳ぶ。最適角度を通り過ぎたならば”反応しない”」となっており、ここらへんもアクション慣れしていない人に向けてのアプローチが出来ています。
    いうなれば、PSやPS2の時代にマニュアルだった部分がセミオートマになった感じ。
    こういう細かい部分の作り込みでプレイヤーのストレスを無くしていくのも、今のアクションゲームに要求されていることではないのかな、とか。

    今日から当分はBIOSHOCK、これが終わったらMASSEFFECTですな、後者の方は向こうで評判になってた頃から期待していたので、遂に来たかという感じです。
    ううむ。

    ともあれそんな感じで。
    んじゃまた明日ー。

  • 2009年02月14日coD2

  • 風邪が治ってきたらプレイ再開とはどこの猿ですか自分。
    というかベテランモード(難度的に超貧乳に該当)、既に500回は余裕で死んでる気がしますし、一カ所で数時間詰まって、
    「やめてやろうか……!!」
    と思うんですが、しばらくすると、
    「あ、こーすればいけるんじゃないかな」
    という思考が発生するあたり、良いゲームです。

    でも部隊がイギリス軍になったら「ファシスト! ファシスト!」が無くなって残念。
    しかし段々と英語が聞き分けられるように、
    「エネミーダ──ン!!」←敵はダンです(訳「敵倒したよ」)
    「ジャーマングレ──ド!!」←独逸グレートの訛り(訳「独逸の手榴弾です」)
    などなど、生きた英語に満ちております。ヒアリングしても次の瞬間死にますが。

    こうして難度高くてもプレイしつ続けているのは、間違いなくこのゲームは、
    「ゲームシステムに殺されない」
    ということが解っているからだと思います。
    自分、友軍がいて自分と一緒に進むFPSは、
    「手柄を横取りされる」
    「敵を呼び寄せてしまう」
    ことから否定的だったのですが、Cod2は、
    「それをしないと先に進むのが至難」
    というレベルのゲームバランスになっておりまして。面白いのは自分の方が照準などでいろいろな技を利かせられる(友軍は障害物から出てる相手の頭を狙わない。隙間を狙わない。窓に手榴弾をなかなか放り込まない=自分はそれが出来る)ため、仲間に壁になって貰って、その間に自分が仲間の苦手な敵を排除する。そして自分が前に出ると仲間が先行して、
    「いきなり湧いてくる敵を、仲間が超反応で倒してくれる」
    わけで。このいきなり湧く敵(”スポーン”と言います)は、位置を憶えていると対処出来るのですが、ベテランモードのように1、2発で死ぬ場合、仲間に頼った方が遙かに有利で。
    要するに、人間プレイヤーとして苦手な超反応を使用する箇所=苦手は仲間が対応。仲間が苦手な応用必要部分は自分が担当ということで。
    仲間が膠着してからが出番の頼れる男。
    絵的には出番来るまでアパムですが。
    いつの間にか仲間と自分の連携が組めてしまったりするのは面白いですな。
    ゆえに自分の位置どりや仲間の位置取りで攻略法が変わりますし、それは敵も同じ。敵も完全に同じ行動を取ることはないので、全体のプランは通じてもそのプランを通すための方法が変わる。そして面白いのは、プランが、
    「プレイヤーごとに立てられる」
    というところでしょうか。

    この「プレイヤーごとのプラン」を構築するのが体力のシステムで、RPGや普通のアクションゲームと違い、Cod2の体力は「時間回復制」をとっています。ノーマルだと大体五発分くらい。ベテランだと1~2発。
    そして回復も早い。五秒くらいで全回復します。
    ついでに言うと、このゲーム、姿勢が「立ち・腰落とし・伏せ」とあって、どれも移動可能なのですが、布施の状態になると水平の撃ち合いではほとんど被弾しません。
    ゆえに、
    「食らった→五秒伏せる」
    ということで、大体はしのげます(距離によっては伏せても当たるのでジリ貧になる)。
    この体力回復と伏せのシステムにより、フィールド内のプランが大きな幅が出るわけで。
    「あそこまで走ったら一発くらうだろうけど、物陰で回復すれば結果オーライ」
    「いやでもここでじっくり相手が頭出すの待とうか」
    「ちょっと前出て仲間を前に誘導したら逃げ戻るってのでもよくね?」
    とかいろいろ。
    立てたプランがガッチリとハマったときの、
    「──Get!!」
    みたいな感覚はマジに堪りませんな。
    この体力回復制はHALOもそうだったわけですが、リアル型ともいえるWW2タイプのFPSに組み込むというのは、かなり思い切ったものじゃないでしょうか。

    ただ、幾つか阿呆のような難所があるんですが、そこは完全にパターン化攻略ですね。
    「マトマタ襲撃」のラスト、高射砲を奪うところで、周囲の敵を倒しきる前に高射砲を使う流れになると高射砲が射撃されてミッションクリア不能になるのは、ベテランモードゆえの敵の強さで生じるものかもしれませんが、どーしたもんか的な。その面を最初からやり直すことになったので合計二時間くらいひっかかりました(高射砲のある基地に入る前のチェックポイントでセーブして、失敗したらリセット)。
    とはいえ、面をやり直した際、
    「あれ? スゲー難所だと思った箇所がすごくスムーズに行ける」
    というあたり、やっぱよく出来たゲームです。
    あと三面くらいですが、何とかクリア出来たらなあ、と。

    最大の問題は、ベテランモードでプレイしていると下のモードでプレイ出来なくなることでしょうか。
    プランの厳密性が、ヒーロープレイで結構崩れてしまうので。
    言い換えるなら、ノーマルあたりのモードは、自分を中心としたプラン作りが面白いんじゃないかと思います。どんどんアサルトするぞー的な。ヒルルト、ヨルルト、解る人いるんだろうか。

    てなとこで。
    んじゃまた明日ー。

  • 2009年01月26日というわけで

  • CONAN終了で次はライブアーケードの「CASTLE CRASHERS」。
    先に言っておきますが、「2Dベルトアクションorガーディアンヒーロズ」が好きだった人はスゲエ面白いと思いますこれ。俺のことか。
    http://www.xbox.com/ja-JP/games/c/castlecrashersxboxlivearcade/default.htm
    もしくは、
    http://castlecrashers.com/media.html
    紹介の画面やムービーを見て頂くとどんなもんか解ると思います。

    なお、日本語ローカライズはされてます。

    ライブアーケードは要するに360のDL専用ゲームとかする規格って感じで、このCCもパッケージ販売は為されておらず、DL専用です。
    プレイ感覚としてはベルトアクションなのですが、基本暴れゲー。厳密操作よりも敵を左右に捌く方が主体となる一方で、基本、アクションはこちらが有利なように作られているのと、
    ・RPG的にレベルがある
    ・武器、回復薬などもある
    ・マップ選択式
    なので、困ることは大体無いです。
    一面も5分くらいで終わるので、
    ・寝る前に1ゲーム
    とか、
    ・他のフルプライスゲームの息抜き
    に向いているかと。

    とにかくキャラがよく動きます。ボスもカートゥーン系の演技が楽しい感じで。また、敵のアルゴリズムがちゃんと出来ていてこちらの背後に回り込んだり矢を打つためのいい位置取りをしたりとなかなか。見てると同種の敵でも装備が違ったりアルゴリズムが違うので(武器主体のアルゴリズム?)、なかなかじっとさせてくれず、結果として賑やかに。
    プレイしていて”楽しい”ですな。

    しかし重要なのは、このゲームの基本自体は、ある意味PS1やサターンの時代には消えかかっていたような、今では見ることすら至難のものでありながら、”忘れられても廃れない”という類のものであること。
    ゲーム機の性能が上がるにつれて、やれることが増え、それと同時に、
    「何でも出来るようになっていくがゆえに、”何でも出来る”という意味でゲームが似ていく」
    という現象が生じます。しかし、”これが出来る”というゲームは、ゲーム機の性能を完全に使いこなしていないと見なされ、市場には出しにくくなる、と。

    ですが、XBLAのような規格では、少人数単位での開発が可能で、それゆえに”これが出来る”というゲームが出てくるわけで。
    大事なのは、
    「それが”新作”として出る」
    ことなのですな。昔のエミュ的ダウンロードではなく、今の時代に合わせた”新作”が出るということ。
    戦略としてみるならば、”何でも出来る”に準じる大型タイトルはパッケージのフルプライスで。そしてゲーム性部分を特化したり、手軽なゲームはXBLAという棲み分けでしょうか。
    軽いゲームがXBLAでダウンロードできる恩恵はいろいろありますが、個人的には、
    「夜とか、ふと新しいゲームがやってみたくなる=金曜の深夜とか、友人来たときとか、または手持ちのゲームをクリアしたときとか」
    に、その隙間を埋めてくれるのが大きいですな。これが新作なので、クリアしたばかりの新作タイトルと鮮度で変わることはないというか。

    CCはXBLAの人気タイトルとなっているようですが、これは、かつて存在したゲーム達のゲーム性というものが”忘れられても廃れない”ものであったということであり、ゲーム性というものは時代によって廃れるものではないのだということだと思います。
    そしてまた、CCも現代的なものとして、やはり動きや量、画面の綺麗さもですが、RPG的なシステムの導入やペットお供とかいろいろ。懐古に頼らぬ、個としてもしっかりした出来のようで、
    「先に進むのもったいねえー」
    とか思いつつプレイしてます。
    いや奥が深いですわ360。

    てな感じで。
    んじゃまた明日ー。

  • 2008年12月09日着々と

  • 北アフリカを西から侵攻。
    上の方では欧州でブルゴーニュが賑やかにやっていますが、何か仏蘭西が消えた気がするような感じでオメエら後で全員殴りに行くから待ってろよ的な。
    んでこっちは北アフリカの西を押さえていたゼナータを殴っていったところ、宗主国であるリジッドが、
    ご機嫌いかがでしょうか(本当にそういう挨拶で外交してくる。以下意訳→)オメエ人の下僕に何してんだよ死ぬか? 本当に赦さないよ?」
    という感じでフリーザ様なもんで、これから北アフリカでアルマゲドンです。欧州? うん、何か暇だったから神聖ローマ帝国破門したらものの見事に衰退して教皇パワーの凄さを思い知りました。うん、実は間違えて先に仏蘭西にカーソル滑ってそっち破門しちゃったんですが、仏蘭西消えたのそのせいかも。

    でまあ、さっきジリッドの軍勢と戦っていたら、ジリッド側にスパイ送り込んでいたの忘れてまして、どうもさっき戦闘で殲滅した部隊の将軍を彼がやっていたらしく、敵部隊の消滅と同時に、
    送り込んだスパイが死亡しました!
    というのは何かちょっと自給自足したような気分に。違うか。
    あと死亡ちゃうで! 殺人や!
    ともあれこっちは賑やかにレコンキスタ延長戦です。このままエルサレムまで行くには途中でアッバース朝打倒かあ。その後でロシアやビザンツ倒して最後に欧州側に到着して救世軍帰還と見せかけて欧州大制圧ですな。神聖ローマ帝国やブルゴーニュあたりの連中が慌てふためく光景が目に浮かぶわというか何だこの展開予想。
    うーむ。

    てなとこで。
    んじゃまた明日ー。

  • 2008年12月08日いよーし

  • 通勤電車の中でイベリア半島奪還ー!!
    レコンキスタここに極まれり。
    日本語で言うなら”レコンキすた”という訛り完了形。
    しかもうちの聖職者が何故か、
    「選挙でローマ教皇になりました」
    名前がダメススだけどな!!

    「ダメスス教皇に祝福あれー!! ダメススー! ダメっスー! らめえええ、らめすすらめえ──!」
    一発で破門だな。
    なお、教皇になると聖職者ではなくなるので聖職者の仕事(改宗)をするには新しく聖職者を雇う……、って俺のレベル5聖職者らめすす返せよ!
    ついでに言うと、教皇のコマンドは、
    「破門」だけです。マジに。
    任期切れの前に仏蘭西と神聖ローマ帝国破門してやっかなあ。
    ムカついたら破門、いいですねえこの世界。

    ともあれこれからアフリカ北岸を攻めに行くのです。

    てなとこで。
    んじゃまた明日ー。

  • 2008年12月05日うわあ

  • KOO、イギリス(アングリアのロンドン)でプルウェイを始めたのですが、やっぱり歴史的事実が示すように騎士とかそのあたりよりも、
    「全部隊大弓兵」
    という大人げない編成するとかなり強いです。戦闘は自動なんですが、城攻めも問題なし。

    現在、イングランド本土+アイルランドを統一して、そのまま欧州勢を責攻めずにコルドバに乗り込んでレコンキスタ開始ー。
    しかしレオンとかカスティリヤが、
    「おお! 貴方の侵攻を感謝します! 仲良くしようぜ」

    協定を結びますか?

    いいえ
    だってお前らは次に滅ぼす相手だからな!!

    よって個人主義のイギリス人として一人レコンキスタ。ピレネー越えたらアフリカとか言われてた中世西班牙人に俺の手柄はやらん……!
    ともあれそんな感じでカリフと勝負です。

    てなとこで。
    んじゃまた明日ー。

  • 2008年12月03日そういうわけで

  • 現在ノートPCでプルウェイしているのはナイツ・オブ・オナー。
    誰だ今このタイトルでエロいこと想像したヤツは。

    http://koh.zoo.co.jp/news.php

    レビューはこちら。

    ゲームはこんな感じ。
    パッチを当てるとCD不要で起動するようになるので、外出派には嬉しい感じです。

    内容としては、中世の欧州と、その周辺地域にて覇権を争うわけですな。
    信長や三国志にプレイ感覚が似ていると言えば似ているかも。イスラム勢力でもいけるのでかなり混沌とした遊び方も出来ます。
    ノンヘックスでリアルタイムなのですが、内政が存在しており、
    ・食糧=兵士を雇うのに使用
    ・人員=兵士・労働者
    ・書物=騎士達を鍛えるのに必要
    が生産出来ます。
    そして城には18の「建築物スロット(余地)」があり、一国アタリ18個の建物を組み合わせて前線や生産地に最適な国造りをしていくわけですな。
    ただ、交易品(特産品)が国ごとにあり、無いと生産や建築できないものがあるため、ここらへんは外交で揃えていくことになります。
    また、国(自分の所有全土)の中の人員は”9人まで”という縛りがあり、
    ・王族=寿命があるが、各職業に就いても無賃金、更には転職可能
    ・雇い騎士=寿命がないが、一部職業に就くと有料、更には転職不可能
    なお、王族が絶えると、騎士の一人が自動的に王族となって寿命持ちになってしまうのですが、鍛えた能力がリセットされるためかなり「ぬぬぬ」な展開に。
    そしてまた、スパイという職業があるのですが、各国の騎士として入り込み、
    ・勝手に全土を改宗する
    ・勝手に国を分国する
    ・勝手に和平条約結ぶ
    ・勝手に暗殺する、あ、いやこれは勝手でいいのか
    とか、とんでもないことします。かなりCPUがコレを仕込んでくるので、こっちもスパイを国内に監視役として常駐させるのですが、「王族がいつの間にか殺されてスパイが成り代わっていた」とか平気であるので恐ろしい感じです。監視役にしたスパイが敵のスパイだったときにはもう。
    更には「王族寿命切れ→空白人員→騎士を雇う」「国政の変化によっていらない職業ができたのでそいつらを放逐(騎士は転職不可能なので放逐するしかない)→騎士を雇う」とかすると、スパイが入ってくる可能性が高くなるわけですな。
    この謀略を考えつつ、いろいろと国盗りやっていくわけです。

    なお、初期は、
    ・周囲の国と貿易協定
    ・王族を商人にして有利なところと貿易
    ・金を貯めて建物建てて兵団作ったら侵攻
    という流れかと。
    商人は賃金がかからないので、安全なら騎士を多数雇って商人にして一気に金を稼ぐという手もあり。
    先頭はRTS式の手動と、見ているだけの自動がありますが、電車内でプレイしているのと、ノートPCがタッチパッドなので、自動戦闘でプレイですな。兵団の組み合わせによって結構結果が違うので、ここらへんは研究せんとなー。

    ともあれそんな感じで。
    んじゃまた明日ー。

  • 2008年10月21日今日の

  • カエサル様。

    CAESAR3。
    このゲーム、カエサル様がかなり豪快に天然なのはもはやルールなのでどうでもいいとして、
    「マジに神様がいます」
    というところがアクセント。
    ・セレネ
    ・ネプチューン
    ・マーキュリー
    ・マーズ
    ・ヴィーナス
    の五神殿があり、
    金を払って定期的に祭しないと神の機嫌が悪くなります
    いや、ホント、マジに”いる”。
    というか、神殿の状況を見ると、
    「神官の報告では神の機嫌は良いとのことです
    ってオマエまるで「そこに座って茶でも飲んでる」かのような軽さ。
    ちなみに機嫌が悪くなると、神殿一覧に、
    「不機嫌」
    とマークがつき、更に怒らせると、
    「雷マーク追加」
    ってイヤーン何このときメモ仕様。

    んで怒ると、
    ・セレネ→農作物全滅
    ・ネプチューン→嵐が襲う
    ・マーキュリー→確か地震
    ・マーズ→敵が攻め込んでくる
    ・ビーナス→街が荒れる

    ってオマエら「崇めろ、そうしないと荒らすぞ」ってどこの押し売りだあー!!
    というかこれどう考えても悪霊の神々達inDQ2ですよ。
    どこの世界に農作物枯らす豊穣の神がおるねん。そんなん豊穣の神やない! 豊穣や!(いいじゃんそれで)。

    ですが祭やりまくって良い感じにおだて上げていると、なかなか強力。
    先日も敵が攻めてきたのですが、
    マーズが敵を吹き飛ばしてくれました
    ってチートか!!
    いやそれよりも流石ゴッドマーズ……!
    関係ないですけど今、地方局で鉄人28号(太陽ver)やってるんですが、友人と話した感じ、
    五回に一回は正太郎君がリモコン奪われる
    って大丈夫か正太郎君の注意力。
    というかそんな奪われてたかー。
    ついでにいうと、
    敵が操作すると急にイキイキ動いて町を破壊する鉄人
    ってこれは憶えてますな。
    決まった敵がいる訳じゃなく、毎回違う組織相手だったりもするんですが、懐かしいというか何というか。
    何の日記だこれ。

    ともあれそんな感じで。
    んじゃまた明日ー。

     | HOME |  »

    適当に

    最近どうよ?

    自画像

    川 上 ですよ

    川 上 ですよ



















    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。