不定期俺日記ver.2

何というか適当に。



『昨今どうよ』

follow me on Twitter

  • --年--月--日スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2009年06月21日そしてまた

  • 適当にイラスタ使用で。
    kenkyu0912bs.jpg
    実質作業時間は二日分くらい。やはり人物ピンと背景がテキトー度高いと早いです。

    今回の課題として、ライト色の彩度をなどを統一したパレットを作りました。
    要するに今までブラシ用に使用していたパレットを改造して、「塗り重視にしつつ、ブラシ系特有の彩度の高い絵」を得る感じで。やりすぎるとアニメ調が強くなるので加減が必要ですが。
    前回の絵と比べてみると解りますが、彩度を高くしたので緑の発色が違います。
    ここらへんは善し悪しなので、いろいろ思案どころですな。

    絵の題材としては、イラスタの機能を調べている最中、曲線定規ツール(といっても自分の場合、単に曲線ツールとして使用しているだけですが)が異様に使えることに気づき、
    「曲線を使う絵を描こう→オパーイは前回描いた! 描いたとも……!→じゃあ尻か」
    という崇高に直接的な判断により、尻とか脚とかの曲線引きまくりの絵で。
    対比として背景に直線性が欲しくなるので、
    「じゃ、城塞の壁を昇っているところで」
    という感じですが、フツーに昇ったら尻の部分に上から光が当たって影の塊になります。
    「じゃ、上下逆さの重力制御がされた浮遊城で」
    という、よく解らない二転三転というか、まさに尻を描くために全てが決まっていくという無駄の無さ。出来上がって今見た感じでは、もうちょっと傾けても良かったんじゃないかと思います。

    ネタとしては前回の調査の延長線上。森奥の村からの依頼で浮遊城の遺跡システムを使用した空賊の退治というか調査というか。
    大森林の木々から乗り移ったものの、彼女の方が運悪く捕まり、それを主人公(?)が、

    「助けに来たぜ!! ──あれ? まだ脱がされてないの!? エゴだよそれは!! →容易く捕まる」

    「彼女は逃げて、敵の装備品を奪って、今まさに拷問されんとする主人公を救助」

    「主人公の提案で、”とりあえず屋上の洗濯物とか空に捨てていやがらせしようぜ作戦”開始」

    「先を行く尻を眺めていて蹴り落とされ掛かる」

    主人公の方は下着一丁なので、とりあえず敵の服と装備くらいは奪いたいな的な発想での洗濯物漁りでもあります。
    相方の姉ちゃんの方は、インナースーツにもともとつけていた武装類を放棄させられたため、空賊から奪ったアイゼン装備に換装。ナイフが剥き身なために危ないなあ、と思ったり、胸がキツいなあ、と考えたり。
    耳ガードは耳を立てる形のもので、しかし耳たぶを正面に向けるもの。つまり正面集音型で、これは空賊達が集団で見回り範囲を分担するため、全域集音する必要がないことと、また、遠くの音を得る必要があるからですな。姉ちゃんとしては、外壁を昇っている間は、外壁上の音を気にする必要があるため、使用しています。それで主人公の挙動に気付いたのは「長年の付き合いによるカン」。
    ただ、自分は靴とアームガードのピック、そしてオートバラスト付きで登攀しているのに対し、主人公が素身で付いてきている(尻見るくらいだから、追いついて止まるくらい余裕がある)ことに、ビミョーな感慨を抱いていたり。

    なお、背景は左下(というか左方向)が上ですが、それは城と周辺のみ。上下が逆転しており、左に見えている雲は雲の背で、その向こうには大地があります。
    城の引力が空側に生じているためで、外から見ると大地側に向かって”登攀”しているように見えます。
    システムが適用されているのは城の周辺1~2mくらいで、元々は正常に浮いていたのがシステムの経年劣化でバランスを崩し、半回転してしまったと考えています。よって蹴り落とされた場合、空側に落ち、底面部の見えない地面に激突します。

    左下を右上に向かって行くのは野生の機竜の親子で、嫁と子供二人が先行するのを父親が見守る構えです。空を浮遊する獲物がいた場合、母ちゃんが見本として突っかけて子供達が真似して、父ちゃんが威厳を持って仕留めるという構図。
    機竜は、ウルキアガ(こっちは半竜ですが)と同様に空(背)側に白があり、大地(腹)側が青です。
    空系の機竜達は捕食者側なので、下にいる者達からは空に見せかけ、空にいる者達からは雲に見せかけるわけです。これは彼らが雲もしくはそれ以上の高空を行くからこそのカラーリングであって、それより下を行く弱い航空系生物は、雲の色を背に得ても機竜達からは高度差がありすぎてバレるため、逆に背の色を緑や彩度の落ちた紺色などにして地上側の自然にとけ込もうとします。
    背も含めて全部白にならないのは、同高度を行く強敵との戦闘時に硬い背を向けて飛ぶことで白の塊を見せ、その姿や身体の動きを悟らせないためです。
    眼下、雲の下の大地は前回歩いてきたところ、と考えています。

    姉ちゃんの右上、ちょっと立体感を崩す形で入っている斜めの亀裂は、機竜が城にちょっかいだそうとしたときのもの。城の結界に入ると同時に上下が逆転するため、慌てて壁を蹴って脱出したときの名残で、周辺は少し石組みが崩れています。
    一応、屋上側に洗濯物干してあるのが解るでしょーか。

    絵の塗りとしては、前回と同じで、フィルタやレイヤーの透明度変更など一切行わない、単に色作って筆で塗ってるだけです。
    絵の彩度を上げたせいで、少しは”今風”っぽくなった気もしますが、こういう色合いも既に時代遅れのような気もします。
    その一方で、少しはイラスタの塗り方も自分風に理解出来てきたかな、と。
    学生時代にやっていたことの再現+発展系という感じですが、塗っていて、感覚に違和感が無くなってきているので、この方向で正解かと。ぶっちゃけ今の人達から見るとブラシ塗りの方がいいのだろうなー、とも思うのですが、古巣的な良さというか何というか。
    しかし、学生時代に、
    「あー、俺、こういう表現下手だったなあ」
    というのがそのまま再現されるので面白いと言えば面白いですな。
    ううむ。

    ともあれそんなところで。
    んじゃまた明日ー。
    スポンサーサイト

  • 2009年06月15日イラスタ

  • 使ってみたよという感じで、早めの暑中見舞いとして。
    kenkyu0911bs.jpg
    とりあえず筆の設定など出来てきたので、大学時代に描いていた方法など思い出しつつ一枚。
    練習ではなく自分的本番一枚目という感じです。
    大学時代、連作でファンタジーの冒険モノみたいなのを描いていたので、そのノリですな。
    とはいえ、まだ不慣れなところも多いので、背景はある程度アドリブの効く森林。

    描き方の目標としては「画面を作るということにおいてはなるべくアナログの方法で行く」というやり方で、
    ・ぼかしなどのフィルタ処理を一切行わない
    ・色調補正などの加工を一切行わない
    ・レイヤーの不透明度を弄ったり、覆い焼きにするなど、そういう加工も一切行わない
    ・エアブラシも使わない
    ・レイヤーの上下、複数構造は使用する
    ・あとは全て、自分の調色と筆圧、筆の設定だけで描く
    という感じで。よって最初から最後まで全部、作った色だけの色調で、そういう意味ではアナログ的です。
    この方法をとることで「色についての考察と実践」「光源処理の考察と実践」が得られると同時に、
    「自分で全て”描いた”」
    という自己満足=趣味の確実が得られるわけで。
    フィルタなどでソフト任せの画一処理を為さず「自分の絵柄」を得るという意味もあります。

    なお、絵としては結構嘘をついていて、たとえば自分がコレ、光の中にいるわけですが、実際にそうなると周囲の風景は白く霞んだ向こうに暗く見える状態になって、こんな風には見えません(というか周囲の風景はほとんど見えなくなる)。だけど、それでは”絵”を描いている意味としてはどうよ的な(正しいから、見えなくても良い、は今の自分的には無しの考えなので)ところがあり、ここでは周囲の見え方において、自分が影の中にいるのに等しい見え方をさせています。同じように遠景も色の失い方を弱くしています。
    これは描いたものを見せたいという指向と、森の中にある影の広い空間の「影の透明感」を出したかったからで、空気感としては空気遠近などにおいて嘘をついていますが、”木陰の延長線としての森の中”みたいなのが出せるといいね的な感じです。

    ここらへん、”描く”という行為において、”何をしたいのか”の部分の話なわけですが、絵は写真とは違うので、趣味においては、”自分の見せたいもの”と”自分の目で綺麗だと思ったもの”を信じていっていいのではないかな、とか考えていたりします。誰に迷惑懸けるわけでもないですし。

    で、世界観としては、タイトルの通り「俺的ファンタジー」であって、どこの世界に絞ったではなく、しかし自分の持つ要素が全部あっても良いかな的な世界観として考えています。
    だからIZUMOも世界各国もありだったりの、自分的カオスというか。
    一応は地球上で、見る人が好きに想像すればいいかな的な。自分的には縛ってないので、そこらへん、他者には縛ることなく見て頂ければ幸いです。
    敷いて言うなら、自分のファンタジーとか、そこらへんの確認や広げるためのフィールドです。

    ネタとしては森林古道の調査隊と、その先導役の先行隊。
    視点は先行隊の主人公で元レンジャー、手前の姉ちゃんがパートナーで長寿族のアーチャー上がり。
    奥のシーフはレンジャー見習い。
    姉ちゃんの右から二本左に降りている赤いのはザイルで、下を見ると調査隊の近くを通って延びているのが解るかと思います。
    調査隊は主人公達に行く道の進路を指示してザイルなど張らせつつ、トレントや草の獣から古道の話を聞いたり、奥に行く許可を貰ったりしています。
    手前側の調査隊は若手中心の交渉隊でトレントのおっちゃんと交渉中。ハーフズボンが男ですな。
    何事かと沸いてきた草の獣と挨拶したり。
    後ろの調査隊は記録などとる本隊ですがやや遅れ気味。一人がバテでいたり、主人公達と付き合いのある隊長が「あんな高い所まで行くのか」的に見上げていたり。なお、交渉隊の方が気になる草の獣達がやはり沸いていて移動中ですが、数匹はバテた隊員を”補食”しようか思案中。

    森林内には光が結構落ちていますが、これらの光の多くは日の動きと共に森林内を洗っていくため、低めの広葉樹や草原がそのルート沿いに出来ているという考え方です。昔は古道があったのですが、周囲の木々が馬鹿みたいに生長したため、根で道が妨げられてしまった状態。、
    古道の調査によってルートの確認をしていますが、それはトレントや森の住人達に対し、「昔は道があった場所を、今また開けて貰えるだろうか」という交渉の準備でもあります。

    パートナーである長寿族の姉ちゃんは、市街系長寿族。
    地元メーカーのスーツと装備品で身を固めてます。
    登攀の仕事は、登攀装備とその軽量化という矛盾を抱えるもので、彼女の場合は首周辺のハードポイントパーツを外してノーマル襟にしつつ、胸や腰には軽量や落下速度低減の術式をパックで取り付けています。
    右利きなのでナイフは左肩装備。背にはハードポイントを介して細身のバッグを付けていますが、着替えなどはスーツなので小さく済んでいるはず。応急セットやスペアのパイルなどが入っていますな。
    耳のカバーは森林使用で、市街系長寿族は耳が左右に伸びている(町中の話し声などを、前方広角で拾うため)のを、後ろ上側に引っ張って固めるもの。これは耳穴をフリーにして森林内の音を全域角でとるためもありますが、森林探索の基礎である低い姿勢を取ったとき、草で耳を切ってしまわないようにするためでもあります。なお、両耳ガードは首後ろをブリッジで渡して繋がっており、一体化によって耳を引っ張る張力を保持しています、と。
    奥の腰には折り畳み式の小弓がありますが、折り畳まれたままで、弦はスピンドルから引き出されていません。これは先頭を主人公が行くこともですが、トレントや草の獣によって安全が確保されているからですな。但し、こういう武器の保持はレンジャーにとっては免許携帯(武器保持についても、殺傷能力があるものは登録が必要)と同じなので、持ってこないと言うことはありません。
    特殊装備は手甲で、これは手首の内側から肘に向かってガードが延びています。
    手と腕のの内側をガードするのは、身を低く匍匐や四つんばい姿勢を取ったときの保持を確定するためと、ザイルやロープをなどをガードのクリップに通して保持の助けとするためです。手首の甲側には術式符を差し込んでいて、これは手指で操作しなくても条件or音声で符を使ってくれるというもの。握力強化や触れた場所に確保点を生じさせるなど、いろいろ使い勝手があります。
    姉ちゃんの尻尾パーツはオートバラストで、低い姿勢を取って前に進むときや、高所を登攀する際など、身体の重心を保持してくれます。とくに前かかみで走るときなど、尻尾がバランス良く揺れて腰を傷めずに済むと同時に、レックス系のような早い走りが可能となります。
    姉ちゃんの胸パーツ、手前側が上部欠けているのは、穴にザイルを通して身体を保持する(その使用方法は認められていない)悪癖をやったとき、破損したもの。手前の腕に巻かれた布はそのときの傷跡を隠すもので、主人公が渡したもの。事故自体が二人の連携が悪かったときのものなので、傷が治った後もお互いの自戒として結ばれています。

    主人公は元レンジャーで、調査隊の先導や潜入などをピンでやっていましたが、いろいろ由縁あって彼女をパートナーに。アイゼン登攀で先にガンガン進む一方でペース配分がアレレな人間のため、諫め役を付けられたような感覚。
    今回もザイル張りなど一人でここまで先行してきてバテていたところ、着いてきた彼女に竹ボトルの水がいるかどうか=持ってくるの忘れた=彼女の左腰のハードポイントが空いているのは、彼用のボトル(今、手に持たれているもの)を付けてきたからだったりします。
    いろいろな地方を巡ったり、知り合いに頼まれて潜入調査などやっていましたが、未知領域への開拓団への参加募集が始まったために、どうしようか考えていたりで。参加はピンでは出来ないのですが(生存率を上げるため)彼女を誘って良いものかどうか思案中のここ数日で、今回の先行はその調子や資質の確認だったりします=考え事してるから忘れ物する。

    とか、そんないろいろいらんことを考えつつ描いていたりします。

    てなとこで。
    んじゃまた明日ー。

  • 2008年06月16日さてまあ

  • elm03s.jpg
    風の精霊は気分屋という感じで。

    ともあれそんな感じで。
    んじゃまた明日ー。

  • 2008年06月15日んでもって

  • elm02s.jpg
    色違いウンディーネ。
    歌声で引き込むのはサイレンとされていますが、向こうの妖精物語なんぞ調べてるとウンディーネも同様のことしていたりで、要するに名称とイメージが年月を経て各地を伝播していく中で複合されていったりしているのだろうなあ、と。
    つまり、
    「うちの方のウンディーネはさ」
    とか、そういうローカルネタなどの”一カ所だけの存在個性”が、年月を経て幾つもの地域を伝播し、ウンディーネなど、それぞれの名の下に集まってしまい、”一つの存在に複数個の個性が入ってしまった状態を生んだ”ということなわけで。
    だから、そう言う存在に対して”諸説あり”というのは、実は正確ではない、と。なぜなら実際は「諸説を入れるための入れ物としての名前」だったわけだから。
    正解が先にあったわけではなく、諸説があって、それをまとめた誰かが何らかの理由で正解を定義した、ということで。
    たとえば「犬」と書いて誰もが違う犬を想像するけど、しかし基本は四足獣であるように、妖精とかは、人間が複数イメージを与えつつ、コンセンサスのあるイメージをとれるレベルとなった”存在”なわけで。

    ・イメージの最大公約数部分=コンセンサスのとれるイメージ部分
    ・上記を超えた部分=現在、諸説と言われる部分

    そしてこの最大公約数部分は、「正解」ではない、と。なぜなら発生の場から見たらそうじゃないわけで。
    何故なら諸説が集まって出来る公約数部分を”正解”と出来るのは、今がそれらの集合を見ることの出来る後代ゆえだから。
    後代にデータをかき集めた人が「基本的なパターン」として最大公約数を導き、しかしそれがいつの間にか「正解」に思えるようになったというだけのこと。
    その際、残されるのは「キャラクター性」の部分。切り落とされるのは噛み合わない「地域性」の部分。
    しかし、実在に触れていた人々は、地域性の部分でそのキャラクターと通じているわけで。
    神も精霊も、その地域の神性な土地に存在が認められる=同じ神や精霊でも存在するためには地域性を持つようになるわけで。
    だから、当時、妖精達が”実在”していた頃には、誰もが自分達(または土着)の”一説”でしか見えていない。そして当然のようにそれらの証言データなどまとまってもいなかった。
    実在に触れていた人達が語るものは全て”一説”で、後の人がそれをかき集めて最大公約数を作ったが、それはつまり、実在に触れていた人達は最大公約数を語っていないということ。
    だから、今、自分らが見ている最大公約数のそれらは、実在の時代において、どこにも存在していない。そういう、実在に触れていた人々が見ていたものではないものを、”正解”としてしまえるとしたら、それは不思議な話だとも思います。
    当時の人々に対し、今の定説を述べた場合、それは話先の土地性を失っているので、基本的な部分でのコンセンサスはとれると思いますが、「うちの方ではね」という話をされることになると思います。

    ※余談
    ここらへんが、
    「昔の人は精霊を見ることが出来た」
    という話に繋がりますな。
    ・今の人の考え方=「ウンディーネは水辺にいる」
    ・実在の時代の人の考え方=「水辺にはウンディーネがいる」
    これに土着性、地域性が入ると、
    ・実在の時代の人の考え方=「神聖な水辺にはウンディーネがいる」
    となるわけですが、彼らは地元のそういう場所を常に見て「こういう場所にウンディーネがいる」と思えるため、近似場所に気づきやすくなる=だから昔の人は綺麗な水辺を見ると「あのあたりにウンディーネがいるね」と即座に言える、と。

    ※余談
    多くの博物館が「ただ蒐集せよ」という方向性を持っているのは、それによって時代などをそのまま残す意味を持っているのだ、と思っています。つまり、”正解”を残そうとすれば、それは世界を蒐集するではなく、世界を切り取る視点しか残していないわけで。

    ※余談
    なお、学術研究などにおける神話や妖精物語の研究の大部分は、当時の文化や生活、それらの派生を知るために行うものですな。ルーツを追うことはあっても、正解定義を行うものではないと、自分の方ではそう捉えています。

    だから、神話とかもそうですが、こういうものに対して”間違っている””正しい”という線引きをするのは、それらを作り上げてきた歴史や文化、土壌などを忘れた、後発の不義理を思ったりもします。
    定説としての正解や間違いというのはあるかもしれませんが、実際のものが現役だった頃には定説なんてのも無かったわけで。
    少なくとも、今、そう言う風に語られるそれらは既に、それらが”実在”していたときのものとは違うだろうな、と。
    じゃあ何のための正解なんだろうか、とか。

    無論、異本イメージや資料などはあるわけですし、他のものと混じったら意味がない(ウンディーネ描こうとしてドライアドになったらそれはそれでアウト)わけで。
    しかし、描いたり書いたりする際に、いろいろと調べたりもするのですが、基本的には”正解”を追求するのではなく、”正解”も含めてみた上で、当時の人々のように、
    「うちの~はさ」
    とやれるようになりたいものだなあ、と思っています。

    ともあれそんな感じで。
    んじゃまた明日ー。

  • 2008年06月11日何でか

  • elm01s_20080611020621.jpg
    ドライアド、ドライアードとかドライアッドとかドリアッドとかドリアッ上とかいろいろ呼び名はありますが壁紙。
    というか、実は三年くらい前に描いたんですが、気に入らなくてお蔵入り。
    今回修正入れてアップという感じで何とか。
    色違いで幾つかバージョンありますので追々。

    ともあれそんな感じで。
    んじゃまた明日ー。

  • 2008年06月10日nanndaka

  • sat2003a.jpg
    2003年あたりの年賀で使用した気が。
    都市のファッションも、時代によって変化していったりします。
    襟スカートは既に新伯林あたりで使用しているデザインで、その腰襟にハードポイントが設けられている=UCATなどの装甲服と方向性が重なるものであったりします。肩ベルト、ベスト裾などもそんな感じで。

    ともあれそんなとこで。
    んじゃまた明日ー。

  • 2008年06月09日いろいろと

  • TENKYサイトのトップ絵で使用した姉ちゃんの表情換え。
    何かゲームみたいだ、とか思うのですが、単に自分的技術内での差分作成テストをしただけという。
    tent01.jpg
    tent02.jpg
    tent03.jpg

    TENKYのトップ絵に関しては、担当するはずだったグラフィッカーの人がスケジュール的に出来なくなり、その穴埋めで空いている人探したら自分しかいなかった、みたいな感じで、絵をメインで仕事してない人間が間入ったのはそのせいだったりします。
    自分の責任範疇で行える場合だといいのですが、やはりこういう場では場違いを感じるもので。何しろグラフィックの仕事してる訳じゃないですから、対外的に見て会社の技術力とか示せるものでもないですし。企画で絵などは描きますが、それが現場で使われることもないわけで。会社として、というのを考えた場合、やっぱ正規のグラフィッカーの方が描かれた方が意味がありますな。
    引き受けたはいいものの、なかなか位置が難しいというか何というか。
    ううむ。

    なお、いろいろ”話”が思い浮かぶようなものを目指して描いてみましたが、それとは別に、キャラクターとして見た場合、クロの奈津さんのキャラデザインをやっさんに示すとき、この姉ちゃん見せて、
    「こんな感じでショート系で」
    みたいな指示でした。別にこのキャラが本人というわけではないのですが、イメージ的に。
    奈津と鹿島は大学のゼミあたりで会ったわけですが、高校時代から会っていたらこれに近い情景もあったかもしれません。
    というか学生時代から旦那の上着預かる嫁って。

    ともあれそんな感じで。
    んじゃまた明日ー。

  • 2008年06月06日うわ

  • santass.jpg
    縦長だからアホのようにデカいですな。
    ともあれ以前にもアップしたサンタ。
    人に見つかるとマズイのでスプリッター迷彩を入れてますが赤だと駄目だろ
    しかしまあ、もの凄い急ぎで描いた憶えがあります。ううむ。

    ともあれそんな感じで。
    んじゃまた明日ー。

  • 2008年06月05日さてまあ

  • mikoino02ss.jpg
    大体これで終了ですかねー。
    あとは落ち穂拾いみたいな感じでネタがあれば。

    ともあれそんな感じで。
    んじゃまた明日ー。

  • 2008年06月04日なんかまあそんな感じで

  • mikoino01ss.jpg
    猪巫女。
    白がもうちょっと強くても良かったかなー。

    ともあれそんな感じで。
    んじゃまた明日ー。

     | HOME |  »

    適当に

    最近どうよ?

    自画像

    川 上 ですよ

    川 上 ですよ



















    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。